ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
ツマグロヒョウモン
Vol.175

IMG_5230_1.jpg

IMG_5247_1.jpg

立秋を過ぎても一向に衰えない暑さ!
この暑さの中でも庭の小さな生き物たちは活発に動き回っています。
少しの時間、眺めているだけでも、スズメは虫をキャッチ、小さな蜂たちが忙しくミントの花を巡り、何の鳥だろうブルーベリーの実をつついている。鮮やかなオレンジ色の蝶が2羽、ボールの周りをひらひらとひらひらと飛び回っている。
庭はかなり野原化してきてこれで涼しければ高原の趣きですが、強い日差しと暑さに犬も木陰で融けたようになっています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
梅雨明け
Vol.174

IMG_5219_1.jpg

梅雨があけました。
ツバメは新たに巣を造り2回目の雛を育てていましたが、産毛が抜けはじめた頃、4羽全部巣から落ち、うまくいきませんでした。1回目は4羽全部元気に巣立ちました。
ボールの苔も以前のようにたくさん生えなくなりました。でも、今年も種は芽生えてそれがコスモスだとわかるようになってきました。梅雨明けの強い日差しでこれ以上は育たないのですが。

IMG_5210_1.jpg

IMG_5211_1.jpg

IMG_5213_1.jpg

IMG_5214_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
第4回春季展は20日で終わりました
【丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第4回 春季展】は20日で終わりました。
最近はインスタレーションを中心にした美術展やアートの祭典があちこちで盛んに開催されていますが、1985年に丑久保健一が宇都宮市大谷町の採石場跡で、大規模な野外作品「円錐から逆円錐 -木々の流れ-」を制作した頃はそのような催しはほとんどありませんでした。
大谷町の採石場周辺の起伏に富んだ場所を、杉檜の端材で埋め尽くす野外彫刻を制作しようと思い立った丑久保はちょうど今頃から準備を始め、夏から秋にかけて毎日現場に通いました。現場は家の隣でしたが。11月には完成し、公開されました。年内はそのままにおかれましたが、年明けと共に、整地の為のブルドーザーが入り、せかされるように片付けが始まりました。
30年前はホームビデオが世に出始めた頃で(かなり大がかりなものでした)、まだまだ一般には普及していませんでした。もちろん携帯電話も無ければ、家庭にパソコンの普及もありませんでした。写真の記録はたくさん残っていますが、動画の記録はありません。ギャラリー展示の写真パネルの数にも限りがあり、あとはアルバムを見ていただけるようテーブルを用意しましたが、時間の関係でじっくり見られなかった方もいらっしゃることでしょう。
ここに、制作を始めた時から最後に焚き火にして片付けるまで、時間の経過に沿って、ほんの一部ですが掲載いたします。お時間のある時にゆっくりとご覧ください。

今回も遠いところからお越しくださいました方々、日光街道を曲がって初めて篠井地区を訪れて下さった方々、毎回来てくださる方々、時々来てくださる方々、本当にありがとうございました。
今年は5月から真夏のように暑い日が多く、空調がないのであわてて団扇を出したりしました。本当の夏はこれからです。どうぞみなさまお体に気をつけて元気にお過ごしくださいませ。また来年、新たな展示を見ていただけますように!

「円錐から逆円錐 -木々の流れ-」1985年


img030_1.jpg

img055_1.jpg

img065_1.jpg

img075_1.jpg

img084_1.jpg

img089_1.jpg

img097_1.jpg

img164_1.jpg

img224_1.jpg

img231_1.jpg

img234_1.jpg

img253_1.jpg

img332_1.jpg

img333_1.jpg

img335_1.jpg

img377_1.jpg

img410_1.jpg

img453_1.jpg

img515 - コピー_1.jpg

img521 - コピー_1.jpg

img524 - コピー_1.jpg

img534_1.jpg

img594_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
手で見るイメージ 2015

GトムDM_1.jpg

【手で見るイメージ 2015】

ギャラリー TOM にて
2015年6月20日(土)~7月20日(月・祝)
10:30~18:00 月曜休館(最終日を除く)
一般500円 小中学生200円 視覚障がい者及付添各300円

9人の作家による45センチ立方の空間を
あなたの手がさまよい、感知し、触発されて、
「手で見る」不思議さを楽しみ、おどろいていただきたいのです。
そこには見果てぬイメージ世界があらわれることでしょう。
ー手は触覚のゲートであるー 中村雄二郎「共通感覚論」より

ギャラリー TOM
渋谷区松濤2-11-1
℡ 03-3467-8102

ー以上、案内状よりー

大通りを一本脇道に入ると今までの喧騒がうそのように閑静な住宅街になります。
小さな公園を横切ると間もなく、建築家内藤廣氏設計のコンクリート打ち放しの建物が見えます。それがギャラリーTOM、入り口に「僕たち盲人もロダンをみる権利がある」という言葉が刻まれたプレートがあります。
このギャラリーでは視覚障害者だけでなく、目が見える人も皆、作品に手を触れて鑑賞することができます。
作品を「手で見る」、ぜひ体験していただきたいと思います。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
小満の風と共に
Vol.18
「連れてきたよ」
両手に袋を提げてNさんがやってきました。
「ボールの里帰りだよ」
布袋からタオルに包まれたボールが顔を出しました。畳の上に30個程置いてあるボール達のところに置くと、まるで転校生が教室に入ってきた時のようです。

20150522野村様1_1.jpg

もう一つの袋からは携帯用のお茶の道具が出てきました。
小満の風に翻る庭の若葉を眺めながらの一服、音楽を愛し、美術を愛し、料理を愛し、、、人生を愛しているNさんのお話は尽きることなく、少年のようにピュアな心が周りの空気を軽やかな気分で満たしていきます。
もう一服たててくださって、お帰りになる頃にはボールも馴染んでいるようでした。

20150522野村様2_1.jpg

20150522野村様3_1.jpg

20150522野村様4_1.jpg

助手席にボールの入った袋を丁寧に置いて、まるで恋人をのせて出かけるように颯爽とNさんの車は走っていきました。

U市 M.N
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit