ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
梅の香
Vol.40

5本ある庭の遅咲きの梅も二分咲きから八分咲きとなりました。ボールの辺りもほんのりと梅の香りがただよっています。
落ち葉の下からフキノトウも姿を現わしました。
風景の中にどんどん緑が増えていきます

IMG_0094.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
最初
Vol.38

2月25日は丑久保健一の誕生日です。

最初のボールが生まれたのはいつでしょうか。
残された古い写真がヒントを与えてくれます。
1975年、銀座、村松画廊での個展に一個のボールが写っています。
最初のボールは何処にあるのでしょうか。

IMG_0057.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
Vol.37

この冬初めて、まとまった雪が積もりました。
ボール達も雪のシルクハットを被ったようでした。その雪も一日でほとんど融けてしまいましたが、翌日跡がしっかりと残っていました。

DSCF0023.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
乾いた土
Vol.36
春爛漫の暖かさと真冬の寒さが交互に訪れています。
日向では、霜柱に押し上げられ凍てついていた土が乾ききって、足の下で細かい土煙を立ててほろほろと崩れていきます。

DSCF0020.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
鉄片
Vol.35

ふと、地面に埋もれかけた赤錆びた鉄片に目が留まりました。
丑久保の実家近くの東京湾の海岸で拾ってきたものでした。何かの道具の一部なのでしょう、一辺が20cmあまりの方形の鉄板の、ゆるやかに歪んだ曲面が美しいと、丑久保が持ち帰ったものです。庭の丸太の台の上に置いてあったはずでした。
木と鉄と、土に還って行く時間の流れはどちらが速いのでしょうか。


DSCF0025.JPG

DSCF0022.JPG

DSCF0021.JPG

DSCF0020.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit