ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
雨の日の訪問者
Vol.34

降るなら雪かみぞれのこの時期、しとしとと雨が降っています。
ジョウビタキがせわしなくあっちにとまり、こっちにとまりしています。
ぷっくりとしたツグミが一羽、地面をジグザグに歩いています。
細長く空に伸びる桂の枝にキジバトが飛んできて枝が大きく揺れます。
ジョウビタキが一番大きなボールにとまりました。尾を小刻みに振るわせて向こうの切り株に飛んでいきました。

DSCF0022.JPG

DSCF0023.JPG

DSCF0024.JPG

DSCF0026.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
湯気
Vol.33

厳しい寒さの続く日々、突然春のように暖かい日が挟み込まれました。
朝まで降っていた雨があがり、ボールから湯気が立ちのぼっていました。

DSCF0028.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
雪雲
Vol.32

晴れ渡った冬空をにわかに灰色の雲が覆い隠して、ぼさぼさと雪が落ちてきました。
男体おろしが雪雲を運んできたのです。瞬く間にあたりは真っ白になってしまいましたが、長くは続きません。しんしんと冷え込むばかりです。

DSCF0022.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
流れ星
Vol.31

近くに雷電山という里山があります。その裾に小さなお社があります。普段は無人ですがお正月には神主さんがやって来て祈祷をしてくださいます。
真夜中、真っ暗な道を初詣に出かけました。満天の星空、オリオン座とおおいぬ座のシリウスの間を星が流れていきました。

DSCF0024.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
新年
Vol.30

寒さが厳しくなればなるほど、空気は透明になっていきます。
真っ白になった男体山や女峰山がぐっと近くにまばゆく見えます。

新しい年が良い年になりますようにと、お日様や山に向かって祈ります。

DSCF0037.JPG

DSCF0038.JPG

DSCF0039.JPG

DSCF0040.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit