ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
氷点下の日々
Vol.148
IMG_4678_1.jpg

朝取り替えた犬の食器の水がしばらくしてみると凍っていました。温めてようやく出した外の水道も再び出なくなっています。
そのままになっていたボールの帽子(飛ばされた上の部分)を頭にのせてあげねば、と思い出しました。木のチップの上に落ちていたそのひと片を取ろうとしましたが、動きません。凍り付いているのです。手ですくいたくなるようなチップも硬く凍っています。

IMG_4676_1.jpg

ボールはもう凍る水分もない位乾ききって、そっとつまみあげた片の軽いこと!

IMG_4662_1.jpg

IMG_4663_1.jpg

IMG_4666_1.jpg

クレバスの奥をのぞき込むと小さな虫が越冬していました。

IMG_4668_1.jpg

IMG_4669_1.jpg

permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
まるで帽子を飛ばされたような
Vol.147

IMG_4653_1.jpg

IMG_4650_1.jpg

風の通り方が違うのでしょうか、ボールの風化が進んだのでしょうか。
強い北風が吹く日が続きました。気が付いたら大きいボールの上の部分がコロンと落ちています。まるで帽子を飛ばされたみたいです。中がよく見えます。スカスカです。帽子を被せてあげなくては風邪でもひきそうです。その帽子も崩さず拾い上げられるでしょうか。

IMG_4654_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
【みる ふれる きく アート 感覚で楽しむ美術】展は23日まで
【みる ふれる きく アート 感覚で楽しむ美術】展

栃木県立美術館で11月2日から始まった展覧会もあと数日となりました。
展示室に入ると不思議な音が時々聞こえてきます。何の音か想像が
付かない、木管楽器に似たような・・・
作品を見たり、触れたり、香りをかいだり、それぞれの作家の展示を楽しみながら、丑久保健一のスペースにたどり着くと、音の正体がわかります。
「優しくなでてください」と書いてありますが、手をぐーっと握って湿らせてから、少し力を入れてこすってみてください。うまく音が出て、美術館の高い天井に響いていくと、その時展示室に入ってきた人が、「何の音?」って思うことでしょう。
まだの方は、是非ご覧ください!

12月23日(月・祝)までです。

IMG_1164_1.jpg

IMG_1159_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
チップの小山
Vol.146

IMG_4642_1.jpg

植木屋さんが入ってボールが轢かれた事件の後、ボールは軒下に一時避難したままになっていました。さて、ボールたちをどこに置こうか?
これまで、葉を落とした欅や桂の大きな木々は、地面にその影を描いて、冬枯れた庭を賑やかにしてくれました。今、庭には諦めきれず残した欅と桂が1本ずつ残っています。枝はほとんど切られ太い幹だけになって、モニュメントのように立っています。切られた枝はチップにされて積み上げられ、小山ができました。このチップもいずれは土に還ることでしょう。
とりあえずの引っ越し先が決まりました。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ボール、轢かれる!
Vol.145

IMG_4610_1.jpg

IMG_4615_1.jpg

IMG_4611_1.jpg

庭の西側には大きな木が5本並んでいました。
こちらに越してきてから植えたり、自然に生えてきたりしたものです。桂が3本、これは記念樹として植えたもの。欅は初め見つけた時は数センチの小さな芽でした。あとの1本はいつの間にか生えていて、何の木かわからないまま何メートルにも育ち、ある春白い花を咲かせてようやく辛夷だとわかりました。どの木もすくすくとよく育ち、剪定もしましたが、またよく育ち、立派な大木になりました。大きな木は葉っぱもたくさん茂り、それが秋には全部散ってしまいます。落葉樹ですから当然ですが、野原の一軒家ではありません。とうとう切らなくてはならなくなりました。
15メートルほどもある大木なので、クレーン付きの大きなトラックが庭に入りました。切った枝をチップにする機械が想定外のところから入ってきて、そのキャタピラーが何とボールを轢いてしまいました。植木屋さんが気づいて止めた時、既に2個のボールが轢かれていました。
柔らかい土の上だったので、ボールは土にもぐるようなかたちになっていました。おそるおそるボールを取り出すと、何と!壊れていませんでした。キャタピラーの跡がくっきり付いていましたが。2個のボールは想像以上にしっかりしていることに驚きました。他の2個だったら木っ端みじんになっていたことでしょう。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit