ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
「丑久保健一と版画展」

201405シエールDM_1.jpg

「丑久保健一と版画展」
2014年5月16日(金)~24日(土)
11:00~18:00 21日(水)休廊
ギャラリー シエール
宇都宮市中岡本町4065
☎ 028-671-8212
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第3回春季展
2014第3回春季展DM_1.jpg

【丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第3回春季展】

2014年5月5日(月・祭)から6月22日(日)まで
休みの日が変則的に変わります。必ず案内状のカレンダーでご確認ください。
午前10時から午後5時

住まいの一部と仕事場を展示スペースとして、2012年にオープンした自宅ギャラリー。
3回目の春季展を開催いたします。
限られた空間なので残された作品のほんの一部しか展示出来ませんが、できるだけ多くの作品と接していただけるよう、毎回作品を入れ替えています。
今回の案内状の写真の作品は、1990年に東京、台東区の〈アートフォーラム谷中〉で発表した「重力のまち」です。〈アートフォーラム谷中〉は床が土間というめずらしいギャラリーで、丑久保はその特徴を生かし、床を掘って作品の一部を埋め込んで構成しました。それと同じ再現は出来ませんが、出来るだけ近い構成を試みました。作品のなかに入り込み、空間を味わっていただきたいと思います。
最も初期の小品や平面作品も展示する予定です。
制作していた現場の空気を感じながら、くつろいでご覧頂ければ幸いです。
どうぞお出かけ下さい。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ジグソーパズルのように
Vol.154
IMG_4754_1.jpg

IMG_4759_1.jpg

IMG_4766_1.jpg

IMG_4768_1.jpg

IMG_4773_1.jpg

日光街道の山桜も満開になりました。庭も今が花盛り。今年はチューリップが赤と黄色の2色しか咲きません。枝垂れ桃のあでやかな濃い桃色に、レンギョウの輝く黄色。幼い子がクレヨンで描いたような、大王道の春の風景です。
落ちていた破片をのせてみようと、ふと思いつきました。ジグソーパズルのように一つの破片をのせてみたら、意外なほどすんなり形が合って繋がりました。それではと、もう一片も。こちらは少しあれこれ動かしましたが、ぴたっとはまりました。ふたつの片は両手のようで、丸く抱え込んだ空っぽの空間に、静かに崩れてきた時間が詰まっていました。一番大きかったボールはボールの記憶を取り戻したかのようでした。しばらくながめていると、そよ風よりもかすかな風が吹いて、ことっと片方の破片がずれ落ち、さらに割れてしまいました。

IMG_4771_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ボールに穴が
Vol.153

IMG_4740_1.jpg

IMG_4744_1.jpg

桜の開花宣言が猛スピードで北上してきます。
庭の梅も咲き始めた、と思ったら、あっという間に満開に近づいています。
この時期をどんなに待ち望んでいたことでしょう。なのに、いつも春の訪れの速さに追いつけません。
凍り付いていたチップの山も、登ればはらはらと崩れてきます。一番大きなボールは冬の間に頭の部分を飛ばされ、中身がどんどんなくなってきて、穴が開いてしまいました。これからの雨と風の季節、屋根でも付けてあげたくなります。

IMG_4750_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
雛祭りの頃になると
Vol.152

IMG_4725_1.jpg

転がり落ちていたボールを拾い上げると、おでこやらほっぺに他のボールの破片や木のチップをくっつけて、凍り付いているので落ちません。

IMG_4726_1.jpg

IMG_4731_1.jpg

一番大きかったボールの頭に残っていた小さなひと片が飛ばされていました。すかすかの中身もすっかり薄くなりました。

IMG_4732_1.jpg

IMG_4734_1.jpg

半月経ってもまだ日陰にはしっかり雪が残っています。
でもどんなに寒くても、雛祭りの頃になるとチューリップの小さな芽がつんつんと土を押し上げて出てくるのです。そして、これが合図のようにそこここから新しい芽が伸びてきて、いつの間にか地面に緑が目立つようになります。そうなる頃が本当に待ち遠しいのがこの時期です。日差しは明るくなってきているのに、真冬のような冷え込み。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit