ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
巡り会う作品

IMG_1807_1.jpg

【丑久保健一 アトリエ・ギャラリー】の展示作品は会期中に増えていくことがあります。「あの作品は展示していないのですか?」「あの作品に会いに来ました」などと言われると空間の狭さなど忘れて出してきてしまいます。
昨年11,12月に栃木県立美術館に出品していた〈楽器になる〉立体の「木によるドローイング」作品も今回途中から展示されています。作品をこすって思いがけない音が立ち上がるとどなたも笑顔になるので嬉しくなります。昨日は、九か月の赤ちゃんが、お姉ちゃんが音を奏でるたびにけらけらと笑うのでした。展示空間はとても素敵な音楽に満たされました。

IMG_4874_1.jpg

木でできた携帯電話機を持った方がいらっしゃいました。軽くて持つ手に沿った丸みを帯びたかたちが視覚的にも心地よく、それを見た途端、「ソラマメのようなもの」が浮かびました。仕事場の方に置いてあったので早速持って来て記念写真を撮らせてもらいました。そのまま「ソラマメ」は展示室のほうに転がっています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
第3回春季展の展示作品より 「立方体のつながり」
【丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第3回春季展】は2週目になりました。

今回はブラインドを開け、「庭に置かれたボール」が室内から見えるようにしました。この1年間の変化の大きさに驚かれる方もいらっしゃいます。

IMG_4784_1.jpg

IMG_4792_1.jpg

仕事場には「立方体のつながり」の初期のものを2枚(どうしても「枚」という単位を使ってしまいます)置きました。「立方体のつながり」は一辺が5㎝の欅の立方体がロープでつながって大きなカーペットのようなかたちになり、覆いかぶさったもののかたちを映し出します。1枚は一辺が148㎝、もう一枚は一辺が173㎝です。これでも二人がかりでようやく動かしましたが、宇都宮美術館に収蔵されているものは、これを16枚つなぎ合わせたもので、セッティングする時は男性10人以上の人手が必要です。長年仕事場の隅に丸めて放置されていたので、つなぎ合わせているロープが伸びてしまっているのではないかと思いましたが、案外しっかりしていて展示することが出来ました。黒くなっている方は一時期戸外に置いていたものです。

IMG_4780_1.jpg

IMG_4781_1.jpg

自宅ギャラリーの方にも「立方体のつながり 箱」を置きました。同じように欅の立方体がロープでつながっていますが、立方体の展開図のかたちをしていています。皆さんに自由にかたちをつくっていただいています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
「丑久保健一と版画展」

201405シエールDM_1.jpg

「丑久保健一と版画展」
2014年5月16日(金)~24日(土)
11:00~18:00 21日(水)休廊
ギャラリー シエール
宇都宮市中岡本町4065
☎ 028-671-8212
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第3回春季展
2014第3回春季展DM_1.jpg

【丑久保健一 アトリエ・ギャラリー 第3回春季展】

2014年5月5日(月・祭)から6月22日(日)まで
休みの日が変則的に変わります。必ず案内状のカレンダーでご確認ください。
午前10時から午後5時

住まいの一部と仕事場を展示スペースとして、2012年にオープンした自宅ギャラリー。
3回目の春季展を開催いたします。
限られた空間なので残された作品のほんの一部しか展示出来ませんが、できるだけ多くの作品と接していただけるよう、毎回作品を入れ替えています。
今回の案内状の写真の作品は、1990年に東京、台東区の〈アートフォーラム谷中〉で発表した「重力のまち」です。〈アートフォーラム谷中〉は床が土間というめずらしいギャラリーで、丑久保はその特徴を生かし、床を掘って作品の一部を埋め込んで構成しました。それと同じ再現は出来ませんが、出来るだけ近い構成を試みました。作品のなかに入り込み、空間を味わっていただきたいと思います。
最も初期の小品や平面作品も展示する予定です。
制作していた現場の空気を感じながら、くつろいでご覧頂ければ幸いです。
どうぞお出かけ下さい。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ジグソーパズルのように
Vol.154
IMG_4754_1.jpg

IMG_4759_1.jpg

IMG_4766_1.jpg

IMG_4768_1.jpg

IMG_4773_1.jpg

日光街道の山桜も満開になりました。庭も今が花盛り。今年はチューリップが赤と黄色の2色しか咲きません。枝垂れ桃のあでやかな濃い桃色に、レンギョウの輝く黄色。幼い子がクレヨンで描いたような、大王道の春の風景です。
落ちていた破片をのせてみようと、ふと思いつきました。ジグソーパズルのように一つの破片をのせてみたら、意外なほどすんなり形が合って繋がりました。それではと、もう一片も。こちらは少しあれこれ動かしましたが、ぴたっとはまりました。ふたつの片は両手のようで、丸く抱え込んだ空っぽの空間に、静かに崩れてきた時間が詰まっていました。一番大きかったボールはボールの記憶を取り戻したかのようでした。しばらくながめていると、そよ風よりもかすかな風が吹いて、ことっと片方の破片がずれ落ち、さらに割れてしまいました。

IMG_4771_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit