ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
帽子をとって日向ぼっこ
Vol.181
強風が残っていた木々の葉を吹き飛ばしていきましたが、橡とブルーベリーにはまだたくさんの黄紅葉が残りささやかな彩りになっています。
ボールの数片も飛ばされていました。
今日は風も弱まり、上部を飛ばされたボールも帽子をとって日向ぼっこ、といったところでしょうか。

IMG_5435_1.jpg

IMG_5436_1.jpg

IMG_5439_1.jpg

IMG_5440_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
土色
Vol.180

IMG_5398_1.jpg

11月らしからぬ寒くない雨の日が続いていましたが、今朝はようやく太陽が顔を出しました。
枯れたコスモスを片付けると久々に地面が現れ、冬までのわずかな時間精一杯育とうと草たちがロゼット状に横に横にと伸びています。秋明菊の茎の茂みが倒れれば、もう回りに高さのあるものは何も無くなります。ボールたちの独壇場、とは言えボールたちはすっかり土色になって見事な保護色。

IMG_5399_1.jpg

IMG_5400_1.jpg


IMG_5401_1.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
コスモスの花もまばらに
Vol.179

IMG_5338_1.jpg

IMG_5344_1.jpg

ようやく秋らしい爽やかなお天気の日が多くなってきましたが、庭のコスモスはすっかり盛りを過ぎてしまいました。
この地に越してきた時、大谷町の庭に咲いていたコスモスの種を集めて持ってきました。越してきたのは12月、ここでは冬は土は凍ってしまい掘ることが出来ませんでした。パラパラと庭のあちこちに種をばらまきました。そんなふうでも春になったらちゃんと芽生えました。9月の末になると花が咲き始めるのですが、最近は年々早くなって今年は8月のうちから咲き出しました。
花も疎らになり、茎や葉は茶色く枯れてきて、庭は荒れ野の風情たっぷりです。ボールの上にも倒れ込んできました。種もしっかり置いていくのでしょう。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
スーパームーン
Vol.178
昨夜のスーパームーンは、丑久保の作品のインスピレーションにもなった「はるな山」から昇る姿を期待していました。あいにく雲がかかって見ることが出来ませんでしが、夜が更けてからは空高く煌々と輝いていました。コスモスの群れがなければボール達も月光にほの白く浮かび上がったことでしょう。

ボールの割れ目にアマガエルがいました。毎年いるのは同じカエルなのでしょうか?写真を撮っているうちにさっとボールの奥に隠れてしまいました。

IMG_5290_1.jpg

IMG_5292_1.jpg

IMG_5293_1.jpg

別のボールには細く細かな蜘蛛の巣が張っています。小さすぎるのでしょうか?蜘蛛の姿は見つかりません。

IMG_5296_1.jpg

IMG_5297_1.jpg

IMG_5295_1.jpg

また別のボールのクレバスのような深い窪みにも何か住んでいそうな気がしますが。小さな丸い穴は何かの虫があけたものではないでしょうか?

IMG_5299_1.jpg

IMG_5304_1.jpg

IMG_5305_1.jpg

猛暑や水害、天候の厳しさを味わった夏が過ぎ、ここ数日爽やかな秋晴れが続いています。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
荒れ野
Vol.177

IMG_5255_1.jpg

IMG_5262_1.jpg

IMG_5260_1.jpg

栃木県に記録的な大雨を降らせた雨雲が去った後、庭のコスモスは思い思いの向きに倒れ重なり、すっかり荒れ野になってしまいました。
今日は朝から晴れました。何もかも干して乾かしたい気持ちが高速回転。
でも青空は真上の辺りだけで日差しはあるけれど視界には灰色の厚い雲。青空を探していると、あっ!とんぼ、とんぼ、とんぼ。たくさんのとんぼ。
稲刈りの頃、黄金色の田んぼの上にはたくさんのとんぼが飛び交っている。もう少しお日様が乾かしてくれると、一斉に稲刈りが始まることでしょう。
ボールも水の中に浸かっていたかのようにぐっしょりぬれて、今日の日差しでは表面が乾いただけ、中は黒々と湿ったまま。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit